モニター様経過報告

目の周りやお顔のリフトアップに! ペレヴェ

オートクチュールメルティスレッド

DrSpaClinic OnlineShop ドクタースパがおすすめする医療機関限定のスキンケアコスメやサプリメントが購入出来ます。

フェイスリフト手術について
施術メニュー

ドクタースパの美容手術修正センター。

e症例カンファレンス

ドクタースパの「フェイスリフト」質問コーナー

ドクタースパのたるみ相談所

症例No.031 40代 女性 骨切り後になんとなくたるんだ皮膚をフェイスリフトで引きしめる

最新記事を表示

モニター患者様(No.031) 頬骨の骨切り手術をしたらなんとなく皮膚がたるんだ

頬骨が横に張り出して顔の幅が広いと感じていた40台の女性ですが、近医にて頬骨の骨切りを行いその悩みは消えたようでした。しかし、そのためもあってか、皮膚、特に口回りにたるみが出てきてしまったようで、それを改善させたいということでご相談に来られた患者様です。骨を切って幅を縮めるということは結果的には中身が小さくなるわけですからそれに対して皮膚が余ってくるわけです。すなわち、骨格が小さくなった分、皮膚を縮めなければいけないわけです。そのような考えでフェイスリフトを行いました。口に周囲のたるみの改善ということでロウアーフェイスリフトで行いました。

モニター患者様(No.031) フェイスリフト手術翌日の状態です。

口の周囲のたるみを中心に改善していくということで、ノーマルフェイスリフトとロウアーフェイスリフトの中間的なフェイスリフトで行いました。また、ジョウカーラインと呼ばれる頬のへこみも気になりましたので、その部分に切り取った脂肪組織を移植してへこみを平らにしています。そのせいもあってかなり腫れている感じです。また、手術翌日はどうしても顔が横に広がった感じがしてしまいます。これも腫れが引けるとちょうど良い感じになっていきます。昨夜は痛みがかなりあったようで、痛み止めの座薬を何度か使ったとのことです。

モニター患者様(No.031) フェイスリフト手術後3日目の状態です。

手術後3日目ですが、手術翌日よりも目の周りの腫れがひどくなっています。目の周囲、白めの部分にもわずかに内出血が出ています。これらも時間とともに消失していくのですが、その説明をしておかないと患者様は大変心配されます。また、右のこめかみのところに皮膚が窪んだところがありますが、これは、引き上げた皮膚を下の筋膜にしっかりと留めているところなのですが、これも一時的なもので時間がたつときれいになくなって平らになります。

モニター患者様(No.031) フェイスリフト手術後6日目の状態です。

手術後6日目で、全抜糸(糸を全部抜くこと)を行いました。目の周囲の腫れは大分おさまってきました。白目の部分の内出血も消え始めています。目の周囲が黄色くなってきているのは、内出血が消えている途中の段階です。首のあたりもうっすらと黄色くなっています。ご本人は、鼻が少し横に広がった気がすると心配されていましたが、この時期には確かに鼻が少し横に広がります。ただし、1か月目には鼻の幅は手術前の状態に戻っています。この後は通院の必要はなく、次回は1か月目に経過観察に来ていただくことにしました。

モニター患者様(No.031) フェイスリフト手術後1か月の状態です。

手術から1か月が経過し、来院されました。耳の周囲の数か所のへこみ部分、鼻の広がり、その他、ご本人が心配されていた部分もすべて解消されています。顎のライン、顎の下のたるみも解消され、ご本人がもっとも気にしていた口の周りのたるみ感もなくなっています。傷がまだ少し赤みがあるようですが、1か月目としては普通の状態でした。とても経過は順調です。

モニター患者様(No.031) フェイスリフト手術後3か月で

フェイスリフト手術から3か月が経過しました。フェイスリフト手術の場合、一般的に3か月で完成と言えます。顎のラインを含めた顔面の輪郭は、1か月の時よりさらにシャープになっています。この時点で、ご本人は目の下の頬のくぼみが気になるということで相談の結果、その部分に脂肪を注入して少し膨らませることにしました。太ももの部分から脂肪吸引し目の下の部分に片側6cc程度注入いたしました。

モニター患者様(No.031) フェイスリフト手術後5か月で脂肪注入後2か月の状態。

脂肪注入から2か月が経過しました。フェイスリフトからは5か月経過したことになります。頬の部分もふっくらして顎のラインもきれいになり、最初の手術前とは大きく印象が変わりました。今後はこの状態をうまく維持していけるように指導していきたいと思っています。

モニター患者様(No.031) 頬の軽い凹みに対して2回目の脂肪注入を行いました

頬骨のリダクション手術後のタルミに対して、骨切り後たるみ改善手術を行い、その後、頬に脂肪注入を行った患者様ですが、今回は頬の外側のわずかな凹みに対して脂肪注入を行いました。注入後1か月の状態です。最初のたるみ改善手術からは1年3か月になります。輪郭がシャープになり、たるみ感も全くなくなり、皮膚表面の凹凸感も消えています。

モニター患者様(No.031) 頬骨の骨切りを行い何となく弛んでしまった感じを治しました

フェイスリフトに準ずるタルミ取りの手術と2回の脂肪注入術で、すっきりとして弛んだ感じがなくなっています。

症例No.031の骨切り後になんとなくたるんだ皮膚をフェイスリフトで引きしめる記事一覧

ページトップ

美容外科 ドクタースパ・クリニック 0120-022-118
ご予約フォーム
住所:150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-21-4代官山Parks2F

地図・アクセスページはこちら