フェイスリフト

フェイスリフト手術専門医による
フェイスリフト手術

フェイスリフト手術専門医
ドクタースパ・クリニック

フェイスリフトは、最もオーソドックスなフェイスリフトで、額を除く顔全体のたるみの改善を求める多くの方はこの手術を受けられます。私のフェイスリフトは、それぞれの患者様の悩みに合わせて手術方法をアレンジして行っています。
全体に強力な引き上げを行うことはもちろんですが、引き上げだけでなく顔の輪郭が若い頃の様にきれいになって、顔全体の張りが出るように工夫して行っております。

フェイスリフトの症例と解説

症例解説

40代後半の方ですが、もともと痩せている方で、こういった方は加齢によって頬がこけてきて少しやつれて疲れた感じになってしまします。
そこで、フェイスリフトでタルミを取りながら、なるべく頬のコケを目立たなくするためケーブルリフトによる頬脂肪の引き上げを併用して、なるべく頬がふっくらして垂れ下がって見えないようにしました。正面から見ても斜めから見ても頬のコケのライン(ジョーカーラインとも言う)がわからなくなり、若返った感じがします。

フェイスリフト手術の流れ

アフターケア

手術直後から、できる限り患部のクーリングを行ってください。当院では手術後に包帯を巻くようなことはありませんが、フェイスリフト手術後専用の冷却用ガーメントをお出しして、頻回にクーリングを行って頂いております。
それによって、術後の腫れを最小限に抑えております。また、手術後3日目からはシャンプーもしていただき、創部を清潔に保っていただきます。1週間で抜糸を行いますが、その後は創部に圧迫用のテープを1か月間貼っていただきます。このことによって傷跡も短期間できわめて目立たなくなります。術後の経過観察としては2週間目、1か月目、3か月目、半年目にみせていただき、きめ細かな術後ケアを指示しております。

リスクについて

腫脹や疼痛、皮下出血などは手術直後は少なからず存在しますが、後々まで残るような後遺症はフェイスリフト手術の経験を沢山積んだ医師が、正確で安全な手術を行っていれば、まず考えられません。しかし、どんなに気を付けて手術を行っても一時的な顔面神経の軽い麻痺症状(不全麻痺)が発生する場合が数%に存在してしまいます。
しかし、これは必ず時間とともに完全に回復します。また、手術で剥がした部分は触った感じが一時的に弱くなりますが、それも時間の経過で回復します。最後に傷跡が残るというリスクもありますが、これも残らないような切開のデザインと縫合法の工夫によってほとんど心配はいらないと思います。

プレミアムフェイスリフトについて

当院のフェイスリフト手術はアゴのラインの改善が十分にもたらされると同時に、その流れで首のシワもかなり改善されます。
ただし、アゴの下に脂肪のたまりが多く、いわゆる「二重アゴ」になっている場合などは、よりキレイな若々しさを引き出すためにネックリフトを追加する必要があります。
このように、普通のフェイスリフトだけでは首の部分のたるみ・シワの改善が十分に得られそうもない場合には、耳の後ろの切開を延長してその部分の引き上げを追加して行います。
この術式を当院ではプレミアムフェイスリフトと呼んでいます。簡単に言えばプレミアムフェイスリフト=フェイスリフト+ネックリフトということになります。

メニュー・料金

施術名 料金(税抜き価格)
フェイスリフト 1,400,000円
プレミアムフェイスリフト 1,650,000円

その他のフェイスリフトメニュー